手紡ぎ糸ならではの、縮絨効果 【旭川マルカツ店】

 前から試してみたかったのですemoticon-0138-thinking.gif

c0221884_20304720.jpg

梳毛に紡いだので、滑らかで光沢もありますemoticon-0171-star.gif

40羽ソウコウでも十分な細さですが、縮み分を予測してあえて30羽で荒く織りました☆

c0221884_20334916.jpg

偶然にもギリギリの量でした。。。emoticon-0104-surprised.gif


さぁ、ここからが実験ですemoticon-0133-wait.gif

50度のお湯に洗剤を溶かし、マフラーを入れます

洗剤分がなくなるまで、同じ温度のお湯ですすぎます

この時点では、ウールのいつも通りの縮絨でして、いくらか織り目が縮み繊維同士が絡み合って柔らかな手触りになる程度

ここからが勝負ですemoticon-0112-wondering.gif

ウールは熱いお湯に入れても、最後まで温度差を与えずに縮絨を終えると、風合いが明らかによくなり、フェルトはしませんemoticon-0144-nod.gif

フェルト化の原因は、急激な温度差を与えたためによるものです

今回は、フェルト化の一歩手前くらいまで、織り地を詰まらせて圧縮ウールにするのが目的ですemoticon-0125-mmm.gif

要は、ハサミを入れてもほつれない程度の服地、、、そう例えると分かりやすいでしょうか?

甘撚りに紡いだ双糸で、荒い密度で織った物ならではの効果を期待しての試みですemoticon-0114-dull.gif

そこで、50度のお湯ですすぎまで済ませたあとに、まだ湯気の立っているマフラーを常温の水の中へ一瞬入れましたemoticon-0156-rain.gif

この温度差を繰り返すと完全なフェルトになってしまいますので、これで終了!


     結果ですemoticon-0143-smirk.gif

c0221884_20572736.jpg

 実験成功でしたが、思ったより縮絨が効き過ぎた傾向。。。

ここまで縮むとは予想していませんでしたが、風合いは期待通りemoticon-0128-hi.gifフワフワです~

30羽で織った物という感じには見えませんemoticon-0126-nerd.gif

じゅうぶん「ウールの服地」に見えますよ♪

c0221884_2152173.jpg


とは言っても、大物を織る分の糸を紡ぐ根気があるかというと、、、emoticon-0141-whew.gif

実験好きなだけですから。。。



                                                           オパオパ



札幌店でストールを織りましょう☆手紡ぎ糸を作りましょう☆画像をクリック♪
          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




旭川のみなさん!地場産でイベントです☆画像をクリック♪
          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




当店も出店します☆作品も募集中!画像をクリック♪
          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





せっかく手紡ぎしているのだから、色々試してみないとね♪emoticon-0157-sun.gifポチ☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Moulin6Rouge10 | 2012-04-12 21:15 | ■スタッフの作品■ | Trackback

○当店は糸の宝庫です○


by Moulin6Rouge10