挑戦 !

本日、二つ目の織り織り記事です♪

ある実験を試みました

毛足の長いモヘア(キッドモヘアなど)は、経糸に使うと絡む・切れる・ソウコウが開口しづらい・・・など、手強い部分があります

こちらのブログでも何度か記事にしましたが、当店でオリジナル染めしているウールモヘアに関しては、40羽でも難なくクリアでした

織機にもよりますが、こちらではサンプル織りには「クローバー咲きおり機」を使用しています

そこで実験として、当店で一番毛足が長くて絡み易いキッドモヘアを選んでみました

40羽は自信ないので、30羽にて。。。

c0221884_21314624.jpg


このキッドモヘアに、ザラリとしたブークレとネップを引き揃えて経糸とし、何本か置きにモジャモジャありの「ピカソ」を経てましょう・・・031.gif(トコトン悪条件で。。。)
c0221884_21514124.jpg


スタート!
c0221884_215851.jpg

☆注☆ 
もっと本数を経てる時は、一度に全部整経せずに、このくらいになったらスティックからはずして、横に垂れさげておき、また続きを整経するようにしましょう
ステッィクにギュウギュウ押し込むと、そこで毛足がくっつき絡む原因です
      


次は巻き取り・・・
c0221884_2253961.jpg

☆注☆ 
巻き取りのとき、テンションバー(・・・でしたっけ? 二本の金属の綾棒)は決して使用しないように・・・
また、整経した束を握って引っ張りながら巻き取ることもNG
だまって垂らした状態で巻き取ると、スルスルいきますよ~
絡んで行かなくなった部分だけ、手でほぐします
モヘアに余計な圧をかけないと言うことです


さて、問題は開口です。。。
c0221884_22284328.jpg

☆注☆ 
今度は、織れた部分を手前に巻き取るとき、ソウコウ(何という名称でしたっけ。。。オレンジ色の部分のことです)が浮いたり、経糸がハズレたりし易いですよね
ソウコウの向こう側の経糸の上に、ポンと板ヒを乗せて巻き取ると、その重みで経糸は浮きませんよ

c0221884_2329755.jpg


実験終了019.gif

結果 → キッドモヘアでも織れる!

まあ、無理してモヘアを経糸にしなくても、緯糸でじゅうぶんフンワリ感出るんですけどね。。。
わりとスキなんです・・・実験010.gif

☆注☆の部分は私の邪道ですので、正規の説明書にはないこと。。。
こうすると上手くいったよ♪・・・程度のことですが、お試しくださればと思います★


本日の完成品4枚
ただ今、縮絨して乾き待ちです~058.gif



                                                オパオパ


柿が美味しい季節です♪ 今2個食べました☆ポチよろしく
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
トラックバックURL : http://akaifuusha.exblog.jp/tb/15344811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Moulin6Rouge10 | 2010-10-24 22:58 | ■糸■ | Trackback

○当店は糸の宝庫です○


by Moulin6Rouge10